サイトトップ > 

毛穴レス洗顔

毛穴レスの為の、クレンジングと洗顔

毛穴レスの為のクレンジングと洗顔は、正しいやり方で取り組まないと、逆に毛穴に負担をかけてしまう事になります。毛穴トラブルどころか、肌トラブルにもなりかねないです。

ただ洗えばいいという話にもならなく、洗い方や意味がきちんとあります。

いくつかのポイントを知り、その事を気に付けてあげ、毛穴に優しいクレンジングや洗顔をしましょう。

クレンジングは、メイクをした日は必ずやりましょう。洗顔だけでは全く落ちません!

面倒くさいから、洗顔だけで今日はいいかな~と勝手な解釈で洗顔のみで止めてしまう方も居るようですが、それは大きな間違いです。

また、帰宅したらすぐに、早い時間にメイク落としをしてあげましょう。

肌に負担をかける事が少なくなり、肌に優しいです。

温め引き締めの温冷で、毛穴をキュっ

温冷で毛穴を引き締める事は、毛穴に締める癖を付けさせるので、とても大事な事になります。

洗顔前に毛穴を温めてあげ、毛穴を十分に広げます。

スチームや湯船の温度程度のお湯に付けてあげ、毛穴を開かせてあげます。

洗顔後に毛穴を冷たくし、キュっと引き締めてあげます。

氷水に付けて下あげたり保冷剤を使ったり、冷たく出来るのであれば、物は何でもOKです。

これを毎日繰り返してあげる事で、毛穴が締める癖を覚えて、どんどん毛穴を小さくしてくれます。

毛穴を開くと、洗顔時に汚れを奥から落としてくれますので、毛穴の黒ずみも目立たなくなります。

毛穴を小さくする洗顔方法

毛穴を小さくする為には、毛穴を綺麗にする事が大切です。

汗や余分な皮脂は、毛穴に残ってしまいますと大変毛穴には危険な影響がありますので、気にして落としてあげましょう。

重い成分を含んでいない洗顔料を選びましょう。重い成分は毛穴を簡単に刺激してしまいます。毛穴の悩み時には、低刺激の洗顔料を、使いましょう。

毎日必ず寝る前には、刺激の少ない洗顔料で洗顔してあげましょう。

刺激厳禁なので、洗顔する時も刺激を与えてはいけません。

洗顔時は、泡立てネットにて泡立ててあげ、泡の素材を動かして優しく洗顔をしてあげましょう。

また、過剰な洗顔回数は、肌に負担がかかるので、してはいけません。1日2回程度の洗顔にしましょう。恐らくみなさん、朝晩の2回になると思います。洗顔し過ぎると、必要な成分までも奪ってしまい、肌トラブルになりかねません。

また、洗顔の回数は2回としても、1回にかける洗顔の時間は、短時間よりは長く時間をかけてあげる方が、より有効的です。

洗顔の専門の方々は、1回の洗顔に15分費やす方も居るそうです。より汚れを落としてあげる為に、綿密に時間をかけていらっしゃるようです。

15分は長いと思われるかもしれません。でも、洗顔料を顔に付けて、少しの時間で洗ってあげて洗い流すのでは、あまり洗顔の意味をなしていない事になります。

洗顔をした、という結果を意味するのではなく、きちんと洗顔をした、という事が本当の意味をなします。きちんと洗顔をしてあげましょう。

重層を使い、ピーリング同様の優しいケアを

食用グレードの重層を洗顔に使うと、毛穴の黒ずみに効果があります。

重層は、スクラブ洗顔のスクラブと同じような意味をなします。

しかもスクラブより粒子が細かいので、スクラブより痛みを感じなく安心して使えます。

細かい影響で、毛穴の隅までしっかり入り込んでくれますので、より一層綺麗に汚れが落ちます。

スクラブを使うのであれば、重層を使う洗顔法がオススメです。

やり方は簡単で、

重層を小さじ1杯ほど手に乗せ、数滴の水を加え、とろみが出てくるほどの柔らかさになったら、それを気になる場所に乗せてあげます。優しく素材を動かすように、くるくるとマッサージしてあげましょう。

スクラブ効果がありますので、強くこすらないようにしてあげましょう。

ゆっくり優しく動かしていくうちに、重層のツブツブが無くなってきたら終了です。

他に、洗顔料に同じく小さじ一杯の重層を混ぜてあげる方法もあります。

きちんと泡立ててから重層を混ぜてあげて、その洗顔フォームを、いつもと同じく肌に乗せて洗顔をしてあげます。

どちらの場合でも、ぬるま湯で、しっかり落としてあげましょう。

重層が肌に残っていると、肌トラブルが起きやすくなります。しっかり綺麗に、ぬるぬるが無くなるまで落としてあげましょう。